activity-leapday.jpg

DONATION

​寄付のお願い

社会全体で子どもたちの成長をサポートしよう
1,000円からできる北海道の若者と未来への投資

Let us support the growth of our children with the whole society.
You can start supporting the youth of Hokkaido from 1,000 yen.

Ezofrogsとは?

What is "Ezofrogs" ?

『Ezofrogs』は、1ヶ月間のグローバル研修を中心に、約半年間の高度な研修プログラムを実施する*ハイブリッドイノベーター型人財育成プログラムです。「地域の持続的かつ発展的な経済自立の実現のために、世界と地域をつなぐグローカル志向の若手イノベーター人財を発掘・育成する」という理念のもと、2019年からスタートしました。


PBL(Problem / Project Based Learning)手法を中心としたカリキュラムで構成しています。社会課題と向き合いながら、『◯◯ × テクノロジー』をテーマに、本気でビジネスを創造していきます。そのプロセスの中で、学校で学ぶ科目教育だけではない非認知能力を育むことができ、成長実感を得ることができます。

私たちは、一人でも多くの若者が、限られた狭いコミュニティに中で生きる「井の中の蛙」から脱却し、世界という「大海」視点で考動できる未来人財として磨かれ、どの業界や分野でも活躍できる「アントレプレナーシップを身に付けたハイブリッドイノベーター」に変化成長することを目指しています。

The "Ezofrogs" program is a hybrid innovator-type human resource development program* that holds a six-month advanced training program centered on month-long global training. The program was launched in 2019 with the idea of "discovering and fostering young, glocal-minded innovators who can connect the world and the region in order to help the region achieve sustainable and progressive economic independence. 

 

The curriculum consists mainly of PBL (Problem Based Learning) methods. While confronting social issues, the students will seriously create a business based on the themes crossing something with technology. In the process, they will be developing non-cognitive skills that are not limited to the subject education they receive in school, giving them a sense of growth.

 

Our goal is to help as many young people as possible to break free from the "frog in the well" that lives in a limited and narrow community, and become future human resources who can think and act from the perspective of the "ocean" of the world, and to transform and grow into "hybrid innovators with entrepreneurial skills" who can be active in any industry or field.

* 理系文系の垣根を超えて「創造的思考力」と「論理的思考力」を併せ持ち、課題解決に対してクリエイティビティ×テクノロジーでアプローチできる人財。

* Human resources holding “creative thinking” and “logical thinking” abilities, who overcome barriers of science and humanities, that can make approaches using creativity x technology to solve problems.

01.jpg

なぜ寄付が必要なの?

Why are donations necessary?

Ezofrogsは、チャンスを平等に提供したいという考えに基づき、

北海道在住の学生なら誰でも無料で参加できる仕組みを大事にしています。

そのため、主に民間企業の協賛金や個人の方々からもサポートいただきながら運営してまいります。

ご支援いただき本当にありがとうございます。

Ezofrogsは、起業家育成プログラムではなく、アントレプレナーシップを身につけ文系理系双方の要素を兼ね備えた

ハイブリッド型イノベーター人財を育成・輩出することを目的としたプログラムです。

そのため、PBL(Project Based Learning)型で、「気づき重視の教えない育成スタイル」を貫いてまいりました。

様々な壁にぶち当たっても、できない理由で思考を停止せずに、

常に「どうすればできるか」を考え抜く考動を習慣化することに注力しています。

例え失敗しそうな選択肢とわかっていても、本人の選択を尊重し、実行してもらう。

そして失敗に気づき、また新たなチャレンジを繰り返していく。

少し遠回りな人財育成のように思われるかもしれません。

しかし本人が選択しチャレンジするから失敗もあり学びもあるわけで、

それこそ一過性で短期的な正解を求めるものではなく、長期的に人生を生き抜く力を身につけることができるのです。

一方で、年間の運営資金面はまだまだ数百万円単位で不足している状況です。

年間の研修運営費、募集や活動告知などに関わる広告宣伝費、開催するイベント経費、

運営するスタッフの人件費など、物的協賛や関わる方々の善意で出費を極力節約しているものの、

これ以上赤字が続くとプログラムの継続が厳しい状況になりかねません。

アントレプレナーシップを学んだからと言って、起業することが全てとは思いません。

企業に就職したり、教師や政治家、実家を継ぐなど様々な選択肢の中で個人の可能性を見出して欲しいと思います。

ただ、どの分野の人財になったとしても、既存のルールや習慣に流されず、

常にどうあるべきかを考え、それを自分ごととして動くイノベーター人財として活躍して欲しいですし、

チャレンジすることを楽しみながら人生を生き抜いて欲しいと願っております。

「安定的に継続して北海道のこどもたちに最高の教育プログラムを届け続けたい」

そのために、多くの方から継続的にご支援をいただきたいと考えています。

私たちと想いをともにし、長期的な活動支援をしていただける方は、

ぜひいっしょに未来を創っていきませんか?

寄付の流れ

Flow of Donation

1. 支払い方法を確認の上、申請フォームに移動
2. 申請者情報を入力
3. 支払い方法に応じて振込/支払い
4. 寄付の完了

すべては"人"の力

It all comes down to the power of the "people"

Ezofrogsは、未来人財育成に対する「想い」を共有した集合体です。
人財育成は「誰かが担う」ものではなく、「地域全体みんなで担う」ことが必要です。
私たちの活動に共感していただける企業や個人の皆さま、一緒に人財育成に参加しませんか?
未来人財への投資をお待ちしております。