Ezofrogs合宿&NoMaps EDU ピッチ登壇

10月16日•17日、1つの場所に集まり徹底的にサービス開発と自分自身に向き合う場として合宿を行いました。

コロナ禍において、本来離れている人達が学外の場で一堂に会することの希少性は、運営である自分たち以上にfrogs生にとって重要だと実感する機会でした。 少しの緊張が高揚を生み出して、それが活発性にも繋がっていく。 そして今回NoMaps EDUのピッチにも登壇させていただくことで、他コミュニティの同世代から大いに刺激を受けて自力に還元されていく。

運営としてこれで充足しているのか不安になることは多いですが、frogs生の行動変化を見るたびに自信を深める自分もいます。

第1期Ezofrogsも中盤を超え残り2ヶ月ほど。 ご支援いただけるからこそ機会提供出来ることに感謝をしながら、最終発表会のLEAPDAYまで駆け抜けていきたいと思います。